スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ナツだ
昨夜、なんとか最終回でしたけど、初日に観てきました。
映画『BANDAGE』。

もう、予告を見てる時から思いっきりド緊張してたんだけども、
いよいよ始まる!ってなったらゾワゾワ~!ってサブイボが。

で、観てる間ほとんどずっと泣いてた、アタシ。
タオルのハンカチべっしょべっしょですもん。

帰りにアルバムを聴いてもまた思い出して泣き。。。

それくらい感情移入できました。
想像していたよりも、ズンッと心に響いてきました。

チャランポランに見えるけれども、
繊細で傷つきやすいナツの苦悩、
どうにもならない想いが
嫌っていうくらい伝わってきました。

アサコとのことも、メンバーや事務所とのかかわりも。
ずっと、切なくて、苦しくて、
キューンと心が締め付けられるような思いで観てました。

鏡の中の自分に向かって話しかけるところは、
ゾクゾクするほど惹きつけられたなぁ。

散々泣いたけども、特に泣いてどうしようもなくなった3シーン。

ナツがスタジオでとっても辛そうにうずくまって歌ってる姿の背中。
あの背中を見てたらもう、ドバーっ!と涙が。

ポロッとこぼれるってレベルもんではなくて、
水道の蛇口閉め忘れましたってくらいダーダー流れっぱなし。

あとは、あのドロッドロのシーン。
ナツが怒鳴る姿にビクッ!ってなったけども、あの歌。
もう、たまりません。

アサコに向けてというよりか、自分に向けてか、
もしかして誰に聴かせるでもなくだったのかもしれないけど、
あれはアサコに聴いていて欲しかったなぁ・・・

聴いてしまってたら、泣いて縋り付きに戻ってたかもしれないなと。

いや、アタシならそうだけど、
1歩前へ進みだそうとしていたアサコはやっぱり帰ってたかな。

けど辛い!!!

そして、最後のレコーディングスタジオからエンドロール。

仁ちゃまの声は一切聴こえないんだけども、
もう!なんて言ったらいいの!?

あぁ、ナツがいた。音楽やってる。

それまでに何があったのか、今何してるのか、これからどうなるのか。
それは想像の世界でしかないんだけども。
自分でその答えを導き出すこともできてないんだけども。
でも、胸がギューっと締め付けられて、切なくて、苦しくて。

全てが終わっても、しばらく立ち上がることができませんでした。

あぁ、思い出しただけでまた泣けてきたよー。(T T)

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2010/01/17 19:11 】

| 映画 | コメント(0) |
<<LANDSさんへ逢いに | ホーム | とうとう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。