スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
そして昨日今日
昨日はオリスタとMOREの早売りをお持ち帰り。

もう、オリスタさんには毎度ながら頭が下がります。
下がって下がって、地球の裏側まで掘ってしまいそうなくらい。

誤解を恐れずに言うと
中途半端なファンよりもよっぽど仁のことを理解してくださってる。

あの最初の字幕。

英語の方を読んでいたらちゃんとわかるはずなんだけど
日本語の方を見たらそりゃあ誤解を招くわけで。
そればかりが歪んで一人歩きしてしまうわけで。
それは仁さんの意図するところとは違うわけで。
だから後半から訳を外したのはある意味正解だったのかもと。

そこにもオリスタさんは触れてくれていて
『批判するという発想を彼は持たない』と。

そうなんだよね。
もちろんディスカッションはするでしょう。
ぶつかることもあるでしょう。

それはよりいいものを創り上げたいから。
それだけ。

だって仁は『嫌い』って言葉は使わずに『苦手』って言うもんね。
優しいよ。傷つけるような言葉は選ばない。
(けど言葉足らずだから誤解受けまくりなんだよねぇ。)

もうね、つべこべ言わずに1回観てみてって言いたいわ。

ライターさんとカメラマンさんは違う人のはずなのに
仁さんをしっかり理解して見てくださってるからかな?
1枚1枚の写真全てがとーってもよろしい~!

もう、オリスタさんだ~いすき!




そして、MOREでの亀さんの発言。

ONE PIECEに絡めてのお話だけども、
それをKAT-TUNに重ねてて。

正直いってそう思えるようになるまで
そりゃあもう大変だったでしょう。
誰がどうとかじゃなく、結論が出るまでには
想像を超えるいろんなことがあったでしょうし。

アタシたちも苦しかったけど
本人たちはそんなもの比べ物にならないくらい
苦しくて不安だっただろうし。

それらを越えて言ってもらえた言葉。

『心は常につながっている。絆は変わらない』

一番聞きたかった人からの一番聞きたかった言葉。

今までも思ってたけど言えなかったのかもしれない。
今まで言ってたけど表に出てこなかっただけかもしれない。
今だから言える言葉なのかもしれない。

亀さんは仁さんより比べ物にならないくらい上手にお話する。
けど、仁さんと同じく嘘は言わないもんね。

でね、このMOREさんきっかけでこの話のことを
載せてるブログさんを拝見したんだけど、
この拳をあげてるシーン
アタシ見たことがあるような気がする。

ゴクーンさんのライヴのラストのスクリーンで。
(後付けで単にアタシの都合のいい思い込みです)



なんやかんや言いながら
ず~っと心の奥深くで固く凍ったままだったものが
少~しだけ解けたような気がした。

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2011/02/26 22:57 】

| 雑誌 | コメント(0) |
<<そして仁さんから | ホーム | あんあ~ん!とかセブンとか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。