スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
女の子雑誌♪

『 non-no 』を買ってきました。えぇ、年甲斐もなく・・・(汗)
だって、そこにじんじんがいるんだもの♪
それ以外に何の理由がいりましょうか。(^ ^)


はじめの2ページで6人並んでのショット。
それぞれが『KAT-TUN』から始まる言葉で連想していきます。
次の2ページでそれぞれのソロカット(後ろに2名ずつ映り込みあり)と
この1年半の想いを語っています。


まず、仁さまの後ろでヘン顔してる田口くん。
どうしたん???言いたくなるくらいおかしな顔してます。(^^;)
逆に、田口くんの後ろにいる仁さま。
伏し目がちなんですが、かっこいい~!!!(そそるよ♪)


あら、亀さん。アラレちゃん眼鏡。
この間のカツカツの眼鏡と一緒に見える。
・・・・・・ということは、私物!?!?(あらぁ~~~)
これについては、コメントなし!(言ってるようなもん?)


ひぇ~~~!!!
亀さんの着てるTシャツ7万円もするの!?さすがバブリー亀梨♪
それに比べりゃ、仁さまかなりリーズナブル♪
ノースリ万歳!!二の腕万歳!!!(^0^)/
しか~し!ベルトが27,300円!? はははっ・・・・・・(冷汗)


仁さまの髪型、色カタチは以前のままですが、大分短くなってますね。
でも、先日のTV誌よりは若干長めのような気がする。
この人、この3ヶ月で何回美容院に行ったんでしょうか?(・ ・)
行かない時は呼び出し受けるまで行かないのにねぇ。(^ ^;)


そして、1年半の想い。


亀さん。
5人になって、最終的にどうなるかわかってなかったし、仁さま自身も
どうしたいか見えてなかったんじゃないかと・・・
自分も一度は自信を失くしたと・・・
6人の気持ちが一直線じゃなかったのがわかっちゃった・・・と。
亀さぁ~~ん!(T T)


痛い・・・
どうなるかわからなかった・・・って、復帰しないこともありえたってこと!?
確かに不安でしたが。(汗・汗・汗)


これ読んで、仁さますごく悩んでたんだな、
ごちゃごちゃになっちゃってたんだなと。
私らでは想像もできないくらい、
いろんなもの抱え込んじゃってたんだろうなと。
どうしようもないくらいに。壊れてしまうくらいに。


もちろん、仁さまだけがそんな環境に置かれていたのではなくて、
みんなその中で、もがき苦しみながらも乗り越えて行ったんだろうけど・・・
でも、仁さまにはこの方法しかなかったんだろうと思います。


だから、一度離れて行ってしまったことを、
いろいろ言われるのはしかたがない。
とてつもなく、すごい迷惑をかけてしまった。
帰ってきても針のムシロかもしれない。
それを仁さまもわかってて、
それでも『戻りたい』と強く思って帰ってきてくれた。


すぐに、スッキリできるわけもない。
何かある度に、この話を持ち出されるかもしれない。
嫌味も言われるだろう。
その度に辛い思いをするかもしれない。


でも、今の仁さまなら、乗り越えていける。大丈夫。
目の前で見ているわけでもないけど、なぜかそう思えます。


上田&中丸兄さんには、やっぱり大きな『愛』を感じますねぇ(; ;)


上田くん。
それぞれがすごく頑張れたから、5人の時は無駄ではなかったと。
正直、仁さまが戻ったときには違和感があったとか、
自分の歌うところが減って(元に戻ってってことよね)、寂しいと。


本当に嫌だと思っていたら、こんなこと口にはできないと思う。
少なくても、あたしにはできない。
できるとしたら、よっぽど揺るぎない信頼を置いている相手にだけ。


正直にまっすぐ語ってくれていることが、かえって気持ちよくて。
腹の中では違うこと考えてる人っていくらでもいるけど、
この人に限って言えば、それは全くなさそう。


こんな人に言われたら、少々厳しい言葉でも
素直に受け入れられそうな気がします。
すごく懐の大きい人だなと思いました。
こんな人になら、腹を割って何でも相談できるよね、じんじん♪


中丸くん。
5人だと、自分の中では不自然でぎこちなさがあったと。
仁さまが早く帰ってこないかなぁと思っていたと。
やっぱり6人の方が落ち着くし、楽しいと。


いつも言ってくれている言葉ですが、やっぱりこういう言葉をいってくれると、
仁さまファンとしてはありがたいし、ほっとします。
仁さまがこういう人たちのいるグループの一員でよかったと思います。
その中で、お互いを高めあって、磨きあっていける。
辛いことがあっても一緒に乗り越えていけるよね、じんじん♪


そして、仁さま。
こんな大ごとになるとは思ってなかったと。(汗)
普通にクラブで女の子と踊れた♪と。日本ではできないと。(ホントか?)


人が自分に抱くイメージを気にしなくなったと。
いろいろ騒がれたり、言われたりするのは嫌だけど、
気にしてもしょうがないと。
わかってくれる人はわかってくれると思えたと。


うぅ~~~!!!(; ;)
大人になったねぇ!じんじん!!!(滝涙)
アメリカ行っちゃったことは間違いじゃなかったよ!(T T)


やっぱりこの6人、好きだなぁ。。。
目には見えない力で、ちゃんと支え合って生きてる。
言葉にしなくても、強い絆で結ばれてる。


今更なことですが、今日の記事を読んで話したくなっちゃいました。
ホント、今頃・・・(汗)


でも、改めて6人の気持ちを確認、そして知ることができて
ホントに良かったと思います。
なんか、今まで以上にすっきりした感じ。。。


 


 


『きっとそこには、泣いた分の笑顔が待ってる』


あたし達はもちろん、スタッフの皆さん、メンバー、
もちろん・・・・・・仁も・・・・・・ね。


 


そして・・・
『一緒に生きていきましょう』    ね。

【 2007/08/03 21:51 】

| 雑誌 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<お笑いの街 | ホーム | こ・め・れ・す>>
コメント
--- こんばんわ! ---

non-no見ました~。

メンバーの言葉にはウルッと、仁の軽さには若干イラッとしましたが(仁には秘密!)、仁らしいなってやっぱり思ってしまった甘々な仁ファンですよ(;^_^A
仁はそう簡単に深くまで語らないですからね。

不器用な人…と思うと、更に愛しいです。

裏表がない。リアフェDVDで竜ちゃんが仁をそう語ったように、きっと竜ちゃんもそういう人なんだろうとあたしも思います(^-^)

やっぱりKAT-TUNは愛に溢れてますよね♪



榎莉 * URL [編集] 【 2007/08/04 22:00 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mydearjinjin.blog99.fc2.com/tb.php/51-7980620d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。